CBDグミの動向

CBDグミの効果と効能|いざという時の一粒は御守りにもなる

CBD グミの効能と効果

産業用大麻/ヘンプから抽出した、CBD/カンナビジオールを含んだグミのことで、CBDグミとヘンプグミは全く同じものです。

CBDの効能は不安症や慢性痛から、てんかん、ガン、糖尿病、骨の成長促進から中枢神経系の病気にいたるまで、多くの疾病に対する改善効果が期待され、世界中で研究が進められています。

ですが、まだ研究途上の成分であり医学的にその効能や有効性は証明されたわけではありません。

ただWHOも報告書で、CBDに関する有効性と安全性を評価しているので、セルフメディケーションとして心身の健康管理に使用しても、健康被害などの心配はまずないでしょう。

ですから現時点では、病気の改善をを目的とした使い方ではなく、CBDの精神面に対する効能、鎮静効果や抗不安作用を利用することをおすすめします。

CBDグミの選び方|CBDグミは安全性と濃度で選ぶ

CBDグミは精神的な不調の改善に有効

CBDは、特に精神的な不調、不眠症や不安症、ストレスから解放されてリラックスしたい方には、自信を持っておすすめできます。

不眠症に効果があるのは、長年睡眠薬の力を借りなければ絶対に眠れなかった私が、薬なしで安眠を得られているので、個人的には確信があります。

おそらく、ストレスに晒されている多くの人は、CBDを摂取することで自分の身体に余分な力が入っていたことに改めて気付くはずです。

日に一度でもリラックスする時間を持てると、心がだいぶ穏やかになります。

心身の緊張を解いて脱力することで、身体がリセットされたような感覚を得られるでしょう。

CBDグミの、精神的な不調を改善し安眠に導く効果は、睡眠薬や精神安定剤とは全く違ったクリアーな安堵感ともいえるものです。

http://mercuryaction.org/gummy/wp-content/uploads/2019/11/bear.jpg

ここぞという時に、気分を落ち着かせるための頓服としても使えますよ。

CBDグミの副作用|注意すべき いくつかのポイント

CBDグミとCBDオイルの効果の違いは

CBDグミとCBDオイル、CBDという成分は一種類しかないので当然その効果は全く変わりありません。

基本的な効能は同じなのですが、CBDグミとCBDオイルでは摂取方法が異なるため、効果の感じ方が少し違います。

CBDグミの食べ方|効果的なタイミングと摂取量

CBDオイルは、舌下の毛細血管から直に吸収させるので即効性があり、垂らして数分で効いてきます。持続時間が3時間から4時間ぐらい。

それに比べて、CBDグミは食べて消化器から吸収するため、効果が出るまでに若干の時間を要します。それでも5分もするとジワジワと効いてきます。

30分から1時間でピークに達し、CBDオイルより若干長く、4時間から5時間ほど効果が持続するように感じます。

http://mercuryaction.org/gummy/wp-content/uploads/2019/11/bear.jpg

空腹時に食べてくださいね。食後だと効果が半減します。

CBDグミを食べる理由

CBDグミを食べる理由として、一番に挙げるのは何時でも何処でも食べられること。通勤電車の中でも歩きながらでも気軽に食べられます。

人前で上を向いて口の中にスポイトで液体を垂らすのは、さすがに気が引けますし、怪しい奴だと思われないとも限りません。

CBDオイルのボトルは小さいのですが、キャップが緩む場合があるので、ジャケットのポケットやバッグに入れておくと漏れる可能性があります。

それにひきかえグミでしたら、ポケットに入れておいて必要に応じて頓服のような使い方もできます。

http://mercuryaction.org/gummy/wp-content/uploads/2019/11/ris3.jpg

もう一つCBDグミの大きな魅力は、甘くて美味しいこと。

CBDオイル、特にヘンプシードオイルが入ったフルスペクトラムCBDオイルは、苦味が強く、逆立ちしても美味しいとは言えません。

はっきり言えば「苦マズイ」

自然界にある毒はほぼ例外なく苦い味がします。苦味は動物が毒を見分けるための味覚であり、苦味を嫌うのは生き残るために遺伝子に刻み込まれた本能です。

フルスペクトラムCBDオイルの苦さの理由

ですから、ある程度以上の苦味には、いつまでたっても慣れることができません。毎日この苦い液体を舌下に垂らすのは、いつもあまり楽しいことではないのです。

ですから、CBDグミの味はCBD継続摂取する上で大きな救いになります

進化しているCBDグミ

見た目と味は、普通のグミ

CBDグミも、最近の健康志向によってCBD以外の原料がオーガニックなものに置き換わり、ビーガンに対応するために、ゼラチンの不使用をうたった製品も増えています。

CBDグミの安全性|CBDグミの危険性と安全性を認識する

それはそれでいいのですが、ゼラチンあってのグミ、ゼラチン抜きだとグミというよりゼリーに近い食感で、その点は少し物足りない気もします。

健康補助食品であるCBDが、お菓子のグミとは違う方向に進化していくのは必然なのでしょうが。

グニグニとした独特の食感とともに、天然色素と天然香料の登場で、あのとても食品とは思えないような、ペンキ系カラーのカラフルなグミも見なくなりました。

それに関しては個人的には大歓迎です。日本の食品からするとかなり違和感のある味と色で、毎日食べ続けるのは感覚的に無理がありました。

やはり食品は安全が基本ですから。

その反面、オーガニックでビーガンなグミは、柔らかいドライフルーツのように自然な味で美味しく、食べ過ぎてしまう恐れが多分にあります。

CBDの効能として期待できること

CBDは、体内に備わっている身体調節機能、エンド・カンナビノイド・システムを改善する作用があります。

エンド・カンナビノイド・システムは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えていることが分かっています。

脳の中枢から発信された信号は、人体各部のカンナビノイド受容体へ伝達されて、そこで感情や運動機能をコントロールする重要な役割を果たしています。

強いストレスや、加齢に伴う老化によってエンド・カンナビノイド・システムの働きが弱まると、カンナビノイドが欠乏して、様々な病気を引き起こすことも明らかになってきました。

CBDの効能として注目されているのは、摂取したカンナビジオールが、体内にあるカンナビノイド受容体と結合し、弱ったエンド・カンナビノイド・システムを改善する作用です。


CBDを摂取することで、自分でも気が付かなかった病気を、自分でも知らぬ間に、治してくれていたりすると良いですね。

CBDは、そんなことも夢ではない未知の可能性を持った成分なのです。

CBDグミは手軽で美味しく、多くの効能を持った今までにない健康食品です。

http://mercuryaction.org/gummy/wp-content/uploads/2019/11/bear.jpg

いざという時のために、いつもポケットやバッグに入れておきましょう。持っているだけで御守りにもなりますよ。

沢山のグミとグミのボトル1輸入CBDグミの品質・味・価格を比較|CBDグミ おすすめランキング

🌟おすすめCBDグミの効果と味を検証|CBDグミ試食レビュー