眠れてますか?

愛犬のためのCBDオイル|ペットだって十分ストレス溜まってる..

ペットもストレスを感じながら生きている

ペットの健康は、人間の責任です。

病気になると犬も人も大変。

犬がかわいそうなのは当然として、獣医に連れて行くと当たり前のように高い料金を支払わなくてはなりません。

犬の場合、人のように定期的に健康診断をすることがないので、病気になるまでほとんど分かりません。

明らかな症状が出るまで気がつかないのです。


犬は本当に我慢強い

飼い主がいくら注意深く観察していても、犬は我慢強く、できる限り普段通りに振る舞います。

そうできなくなるまで。

病気を予防できれば.. 誰もがそう願っていることでしょう。

動物も人間も同じ病気にかかります。ですから人間に有効なものは動物にも有効だと考えられます。

また、体内のエンドカンナビノイドシステムの働きも同じであることが分かっているので、CBDオイルの摂取は病気の予防にもなるはずです。

ペットのためのCBDオイルを考えてもいいのではないでしょうか。


CBDは愛犬にも安全

これまでの研究や臨床試験で、CBDオイルの摂取による副作用はほとんどないことが分かっています。

また、動物に対しても同様の安全性が確認されています。

CBDをペットに与えることにより、ストレスや不安の改善、皮膚の健康とコートの問題の解消、関節炎に対しても有効に作用することが認められています。

CBDの鎮静作用は、犬の過度な興奮や無駄吠えに対する解決策になるかもしれません。


犬にもCBDオイルを

CBD先進国の、アメリカやヨーロッパでは、人間と同じようにペットにCBDオイルを与える人が増えています。

ペット用として販売されているCBDオイルの成分は、人間のものと基本的な違いはありません。

ただ、おそらく苦味はないはずです。

動物は苦味を持った食物は食べません。天然の毒は例外なく苦い味がするからです。

与えるなら極力苦味の少ないものを選びましょう。


愛犬の元気のために

使用方法に関しては、人間と同じで摂取量のガイドラインがありません。

特定の犬種を除き、犬は人間より体重が少ないので、CBDオイルの摂取量は人と比べて少ない量で効果が期待できます。

もし人間と同じものを与える場合は、人の場合の1/3か1/4を目安にすればい十分でしょう。

CBDオイルは過剰摂取の心配がないので安心です。

未だ研究段階ではありますが、CBDの有効性と安全性は、海外での研究や臨床実験で次々と明らかになっています。


絶対に美味しいものを

私の愛犬は6年前に病気になり、最後は私の腕の中で死にました。

それがトラウマになっていて、今でも別の犬を迎え入れる気持ちになれません。

でも、もし今度私が犬を飼うことがあって、その時に自分がCBDオイルを飲んでいたなら..

同じものを絶対に与えるでしょう。

愛犬に与えるのだったら、美味しいものがいいですね。


ペットの健康維持の為に作られた CBDオイルCANNIMAL

EVERTDAY WELLNESS(エブリディウェルネス)は、ハーブエキスを含まないフルスペクトラムCBDのみを使用したノンフレーバーオイルです。

ノンフレーバーの為、鳥や牛にアレルギーがある犬・猫でも、安心して与えられます


RELAX(リラックス)は、そのフレーバー名にもなっているように、リラックス成分として注目を浴びるパッションフラワーエキスを配合。

飼い主不在時に騒いでしまったり、落ち着きがない犬向けのCBDオイルです。