CBDオイルの選び方

まずは条件を満たすブランド選びから

カンナビノイドは80種類以上あると言われていますが、その中のCBD / カンナビジオールはただ一つだけです。

ですから、CBDオイルに違いがあるとすれば、麻の栽培技術と抽出技術および濃度です。そして、CBDオイルの効果を決めるのは、摂取量です。

どのブランドであろうと、摂取量が少なければ、はっきり言って効果はありません。品質と安全性さえ保障されていれば、本来でしたら濃度だけで選べばいいのです。

CBDオイルを日常的に使っていると、使用目的や使用方法によって、必要とする濃度が変わる場合があります。懐具合も影響したりします。

CBDオイルを入手する場合、その度に、個々の製品の品質や、成分などを調べるのは効率的ではありません。

ワインなどは、酔うまでの過程で、味や香りを楽しむことが目的なので、いろいろな産地や、ブランドのワインを試すことは楽しみの一つです。

しかし、CBDオイルの場合は求めるものが異なります。

趣味で、いろいろなものを試したい人以外は、信頼できるブランドに絞り、効果を得るために、目的に応じた濃度の製品を選ぶのが理想的です。

同じブランドの同じ製法で作られた製品であれば、濃度の違いのみによる効果を比較できます。これは最も基本になる、重要な情報になります。

ですから、まず、ブランドを選びましょう。信頼できる高品質の製品を安定提供していて、濃度のラインナップが豊富であることが条件です。

信頼できるブランドさえ見つけてしまえば、あとは期待する効果が得られる製品を選ぶだけ。

そこからが、CBDオイル生活のはじまりです。


安全性で選ぶ

安全性は最優先すべきポイントです。アサはどんな土壌でも栽培できる植物ですが、同時に土壌の汚染物質を吸収するという性質を持っています。

そのために土壌から吸収した農薬などが、残留汚染物質として残ってしまう可能性があります。

ですから、都会から離れ、汚染の影響が及ばない、高地のまっさらな土壌か、地方の昔から代々麻を栽培してきた土地が理想的です。

CBDオイルを選ぶ場合、原料の麻がどこでどう栽培されたかを公表している会社の製品を選びましょう。

また、産業用の麻は製造過程で刺激の強い化学薬品や溶剤を用いて処理されている可能性があります。

安全性のために、抽出過程で有害な化学物質を使用せず、代わりに超臨界二酸化炭素、または二酸化炭素抽出を使用してオイルを抽出しているブランドを選ぶ必要があります。

アントラージュ効果で選ぶ

CBDは単体でも優れた成分ですが、他の様々なカンナビノイドやテルペン類と相互に関係しあうことによって、その効果を最大限に高めることができます。

これは、ハーブとしての植物エキスの方が、生薬的な相乗効果があり、副作用が少ないことが理由です。これをアントラージュ効果といいます。

アントラージュ効果を得るには、フルスペクトラム製品でなければなりません。

フルスペクトラム製品は、THCを除く全てのカンナビノイド類を配合するとともに、その他テルペン類、ビタミン類などを豊富に含みます。

CBDオイルの効果を最大限に得るためには、フルスペクトラム製品を選ぶことをおすすめします。

濃度のバリエーションで選ぶ

同じCBDオイルでも、使用方法や期待する効果、懐具合などによって、必要となる濃度が変わります。

そんな場合、いつも飲んでいるCBDオイルのラインナップの中から、違う濃度の製品を選ぶのが理想的です。

同じ濃度が表示されていても、メーカーによって配合されている成分や、実際の濃度の違いによって、効果が変わってくる可能性があるからです。

同時に、いつでも入手可能でなければ意味がありません。

目的に応じた濃度が揃っていて、安定供給されているブランド選びましょう。

コストパフォーマンスで選ぶ

価格で選ぶと、選択肢は濃度の低い製品になります。濃度の低い製品は効果もそれなりで、飲んでがっかりするかもしれません。

個人的には、3%以下では飲む価値はないと思っています。

CBDオイルに何を求めるかににもよりますが。もし本気でCBDオイルの効果を体験したければある程度以上の濃度が必要です。

しかし濃度が上がると必然的に価格も上がります。

ブランドによっては濃度の割に高価格な製品もあるので、濃度と成分と価格のバランスが取れていることが目安になります。

コストパフォーマンスの高い製品を提供しているブランドを選びましょう。

味で選ぶ

味では選べません。基本の味が同じです。トマトはトマトの味がするように、アサはアサの味がします。

アントラージュ効果を得ることができるフルスペクトラム製品は、アサの汁のようなもの。どこのブランドでも味の違いは僅かです。

同じように苦いです。

飲みやすく味の付いているものもありますが、濃度の低い製品が多く、価格の割に効果は薄いと思います。

この苦みこそが、フルスペクトラムCBDオイルの持ち味、これが効くのです。


条件にあったブランドを選ぶ

CBDオイルには多くのブランドがあります。ただ条件で詰めていくと日本で入手できる製品には、それほどの選択肢がないことが分かります。

代表的なのはアメリカかヨーロッパの製品です。最近、日本製の製品も登場してきましたが、CBDオイルに関しては日本の優位性は当てはまりません。何よりも価格が高すぎます。

後発であるための出遅れ感や、原料を輸入に頼っていること、また比較にならないくらいの規模の違いに加え、高価格の理由が見えず、問題外です。

アメリカとヨーロッパのブランドに絞ります。


製品の品質と安全性だけが条件ではない

ブランド選びでポイントになるのは、それぞれの製品の品質と安全性だけでなく、 濃度や成分の異なるCBDオイルのラインナップが豊富なことも条件です。

合わせて入手し易く、日本に正規代理店を持つ会社でなければなりません。

趣味で、いろいろなブランドの様々なCBD製品を使ってみたい人以外は、以上の条件を満たすブランドを何社か見つけ、そこの製品に絞るのが理想的です。

そうすれば、濃度と成分だけを基準に、ブランドによる特性と若干の粘度や風味の違いから、自分にあったCBDオイルを選ぶことができるからです。

充実したCBDオイル生活を続けるには、品質と安定供給が重要になります

アメリカのブランドは情報が少ない

アメリカにも高品質な製品を提供するブランドはあるようですが、会社情報が少ないく、原料の品質や生産管理について詳細を確認することができません。

また、CBDオイルのラインナップが十分でなく、濃度や成分の異なる製品を同じブランドから選択することが困難です。

さらに、個人輸入したアメリカ製CBD製品から、禁止成分であるTHCが見つかり、購入者が検挙される事件もありました。

購入者は知らなかったようですが、それでは済まされないのが現実です。

当然、アメリカにも信頼できるメーカーは多数あるようですが、会社情報、製品情報、ラインナップともに少なすぎて選択肢には入りません。

ヨーロッパのブランドは厳しい品質基準を持つ

ヨーロッパのブランドではアメリカとは異なり、THCに関する厳しい規定があるため、種の段階でEUの基準を満たした、THCがほとんど含まれない産業用ヘンプを使用しています。

そしてヨーロッパには、伝統の製法と独自の厳しい品質基準を持ち、最高品質の製品を提供することで知られる、hemptouch社とPharmaHemp社があります。

両社とも、スロベニアの高地に自社の農場を持ち、土壌から管理した畑で、完全オーガニック製法で育てらた工業用ヘンプを原料に使用しているため、品質と安全性は保証付です。

抽出には、溶媒残留物や毒素の無い最高品質のオイルを得るために、超臨界二酸化炭素抽出を使用してオイルを抽出しています。

超臨界二酸化炭素抽出は、他の方法では失われることが多い有益な分子が保存され、その結果、純粋で強力かつ天然の抽出物が得られます。

また、製品は、第三者機関の研究所で、製造のそれぞれの段階から検査を受け、その透明さも確保されています。

種の段階から、栽培、抽出まで、徹底した品質管理のもとで製造している、ヨーロッパのブランドが品質と安全性面で群を抜いています。

またPharmaHemp社とhemptouch社は、日本に正規代理店をもち、CBDオイルのラインナップも豊富で安定供給が保証されています。

個人的には、この2社の他に選択肢はないと考えます。

確かに、他にも高品質はCBD製品を製造している会社は他にもあります。しかし日本で購入できる製品が限られていて、ラインナップも数種類しかありません。

容量に対するCBDの含有量も、100mg/30ml = 3,980円/0.3% 、250mg/30ml = 6,964円/0.8%、500mg/60ml = 9,980円/0.8%、1,000mg/118ml = 22,980円/0.8%と僅か。

いくら品質が良くても、健康飲料程度の濃度では効果を期待することはできないでしょう。CBDは摂取量が少ないと効果を実感できません。

また、濃度の低いものを多く飲むより、濃度の高いものを少量飲む方が効果的であることも事実です。

CBDオイルを摂取する目的にもよりますが、何らかの改善効果を望むのなら、ある程度以上の濃度のものを継続して摂取する必要があります。

そして時と場合に応じて濃度のラインナップも必要になってきます。


やはり、ブランド選びで全ての条件を満たすのは、PharmaHemp社と、hemptouch社。両社とも高品質で魅力的な製品が揃っています。


次はいよいよ、自分にあったCBDオイルを見つけましょう。

CBDオイルを選ぶ