CBDオイルの感想

CBDオイルは心に効く

CBDオイルの効果を実感できるかどうかは、何を期待するかによるでしょう。

私の場合、病院に通うほどの精神的な問題を抱えていたので、CBDオイルを飲んだ直後に、その効果をはっきりと感じることができました。

ひどい不眠症で、睡眠薬を飲まずには眠れない。寝ることができたとしても、眠っている間ずっと騒がしい夢を見ていて、疲れて目がさめる。

また、不安と焦燥感に苛まれて、身体を休めていても心がまったく休まらない。

CBDオイルの明らかな効果の一つとしては、睡眠薬を飲まなくてもぐっすり眠れるようになったこと。これは、生活の質を変えました。

朝、目覚めたときに頭がスッキリとしている。睡眠によって疲れが抜けている感覚は随分と久しぶりで、新鮮に感じたほどです。

さらに、休みの日にゆったりとした時間を過ごせるようになったこと。リラックスという感覚を久々に思い出しました。

安眠の大切さと、リラックスすることの大切さを実感しています。

濃度3%はなんとなくリラックス

最初に購入したのはEndoca社の製品で、濃度3%10mlのボトル。CBDの含有量は300mg。はじめて手にした感想は、小さい。これでいったい何日持つのか。

瓶が小さいのでスポイトの大きさが目立ちます。まるで、おじゃる丸のよう。

届いた日の夜に早速使用しました。最も吸収が良い方法ということで、舌下に5滴ほど垂らしてみます。すぐなくなりそうなので取り敢えず5滴。

情報では、舌下の毛細血管から直接吸収させるために、そのままに30秒程おいてから飲み込むとありましたが、もったいない気がして3分程我慢しました。

予想以上の苦さ。苦さと複雑な風味が混じって鼻に抜ける感じ。苦まずい。

しばらく我慢してから嚥下。喉にしみます。飲んだ後も喉にヒリヒリ感が残ります。

水を飲めばいいのでしょうが、効果が薄れるような気がしてしばらく我慢。数分後に水を飲んで少しホッとしましたが、複雑な苦みはしばらく後を引きます。

その頃から、後頭部が暖かく緩むような感じがしてきて、少し穏やかな気分になってきました。なんとなく体の力が抜けていく感覚。

その晩、試しに睡眠薬を飲まずに寝てみることに。寝付くことはできたのですが、眠りは浅く、夜中に目が覚めまてしまいました。

それから20日間ほど、昼と夜の2回、6滴ずつ摂取を続けましたが、それ以上の効果は感じられませんでした。

初回から軽いリラックス感は得ることができましたが、睡眠不足の解消には至りませんでした。3%濃度ではこの程度なのでしょう。

濃度5%でCBDオイルの効果を実感

そこで、ワンランク上の効果を求めてhemptouch社の濃度5%の製品を購入。

このオイルを摂取してはじめて、CBDオイルの効果を体感しました。3%と5%、濃度の違いだけなのでしょうか。

3%が少し期待外れだったので、あまり期待はしていなかったのですが、5%の効果は想像以上で、嬉しい驚きでした。

スポイトで6滴 舌下に垂らし、そのまま3分置いた後に飲み込む。飲み込んだ後は同じように、口の中にはエグい植物の汁の味と香りが残ります。

今回の製品は、ブランドが違うので味が少し違います。基本的な苦さは変わりませんが、風味がシンプルで、私にはこちらの方が飲みやすく感じました。

飲んで数分すると、後頭部から背中にかけて、ジワーッと緩むような感覚を覚え、体から緊張が抜けていくのを感じました。背中が緩んでジワジワします。

でも特別眠くなるわけでもなく、何となく穏やかな気分。脱力して椅子にずっしりと体を任せている感覚。背もたれの存在を感じます。

心地良い脱力感。

その夜は何年ぶりでしょうか、久しぶりに睡眠薬なしで眠ることができました。

思考力を妨げないクリアーな安堵感

濃度3%も5%も使用量は同じ6滴ですので、効果の違いは単純にCBDの摂取量によるものなのでしょう。

私としては、この結果に大満足です。久しぶりに感じた穏やかな気分は、アルコールによる酩酊感とは違う、クリアーな安堵感とでもいうべき感覚でした。

また、精神安定剤のような脳の力が抜けるようなダメージ感覚もなく、思考力はむしろ冴えてくる気さえします。

これは個人的な感覚で、他の方がどのように感じるかはわかりませんが、基本的にはさほど違わないのではないでしょうか。

より効果を得るため6.6%に変えてみる

CBDオイルを飲み始めて暫くしてからから知ったのですが、摂取したCBDは体内に蓄積され、ある一定量に達すると、より効果が高まるらしいのです。

そして、一定量のCBDを体内に取り込んだら、その後は徐々にその摂取量を減らしていっても、効果は持続するとのこと。

具体的な摂取方法としては、高濃度の製品から始めて、その後、濃度の低い製品に移行していくことをすすめています。

そこで、今更とは思いましたが試してみることに。

以前から気になっていた6.6%濃度のPharmaHemp社製CBDオイルを入手しました。ラインナップに6.6%があるのはPharmaHemp社のみです。

価格はギリギリ10,000円以内。

その日は仕事が忙しく、かなり疲れていたせいか、CBDオイルを飲んでしばらくしたらグラっときました。

5%と6.6%たった1.6%の違いですが、明らかな効果の違があります。例えるならレギュラーコーヒーとエスプレッソのよう。

味わいは同じでも、じんわ深く染み渡る感じが新鮮です。

CBDオイルによるリラックス感は、脳の働きを低下させて、昂ぶった感覚を麻痺させる精神安定剤の効果とは、全く違います。

精神的な効果ばかりではありません。数週間続けると、吐き気がするほどだった首のコリがいつの間に忘れていました。

脱力することの大切さを知りました。ストレスは心だけでなく体も緊張させていたのです。

濃度10%以上にも心惹かれますが、価格的に余裕を持って続けられるのはここまで。6.6%で私には十分です。

現在は5%で継続中

一定量のCBDを体内に取り込んだら、その後は徐々にその摂取量を減らしていっても、効果は持続するとのことでしたので、

6.6%を9ヶ月ほど使った後に、5%に戻してみました。

結果として、その後1年以上経過していますが、確かに効果は落ちていません。6.6%の時と同等の効果が持続していると感じます。

CBDオイル、奥が深いです。

体内に蓄積されたCBDが、目的以外の効力を発揮して、知らぬ間に、自分でも気が付かなかった病気を治してくれていたりすると、嬉しいですね。

CBDオイルの味は異次元の苦さ

どのブランドのCBDオイルでも、味に共通する感想は同じです。一言「苦い」。今まで味わったことのない異次元の苦さ。

苦みを感じるのは舌の付け根の部分とされていますが、オイルを垂らす場所はそのすぐ裏側になります。

味覚を感じる細胞が裏側にも若干回り込んでいるのか。あるいは唾液の流れに乗って上部まで到達してしまうのか。

味を例えれば、ゴーヤの濃縮ジュースに馴染みのない植物の風味を加え。さらに煮詰めた感じ。どんなに濃く入れたコーヒーでもここま苦くはありません。

いや、もっと苦い。口に含んでいる間は苦さしか感じません。飲み込むと喉にヒリヒリとしみます。

でも、この苦さと刺激がフルスペクトラムの証。これが効くのです。

CBDオイルの安全性 CBDのオイルのデメリット・メリット
CBDオイルを選ぶ