cbdオイルは不眠症に効果があるか

家飲みカクテル|基本の技法ビルドを覚えよう

家飲みカクテル|初めてでも簡単にカクテルが作れるビルドとステア

カクテルを作るためには、シェーク(Shake)ビルド(Build)ステア(Stir)ブレンド(Blend)という、4つの技法があります。

家飲みカクテルの場合は、シェークとビルドを覚えれば十分。作ろうと思えば数百種類のカクテルを作ることができます。

ビルドは一番簡単な技法なので、ぜひ覚えてください


ビルドの技法

ビルドはロングカクテルでもっとも多く使う技法です。

グラスにベースになるスピリッツやリキュール、その他の材料を直接注ぐだけ。もっとも簡単であり、すばやく作れるのが特徴です。

基本的には、グラスに氷と材料を入れてかき混ぜるだけ。

ただ、ソーダなどの炭酸飲料を使う場合、かき混ぜすぎると炭酸ガスが逃げてしまい、水っぽくなるので、バー・スプーンで軽く1~2回転ステア(ステアの技法参照)して止めるようにします。

また、リキュールなどのエキス分の高いものを使う場合、比重の関係でどうしてもグラスの底に淀んでしまうので、バー・スプーンを軽く持ち上げる感じで2回転ぐらい回し、上下を均一化させます。

かき回すことによって、材料は混ざり合い冷やされますが、ほどほどにしないと氷が溶けて味が薄まってしまうので注意が必要です。

  • しっかりと混ぜ合わせること
  • 十分に冷やすこと。
  • 氷を溶かしすぎないこと。
  • ソーダ類を入れる場合は炭酸を抜かないこと

ステアの技法

ステアもカクテルの技法の一つです。

材料と氷をミキシング・グラスに入れ、バー・スプーンで手早くかき混ぜる技法。氷をあまり溶かさずに材料をしっかり冷やすことができます。

混ぜ合わせる酒の比重があまり違わないとき、また、シェ-クするとカクテルが濁ったり、味がまるくなってドライな風味が得られない場合に用います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です