不眠症を改善する

ニューロガン社 ヘンプティー|こんなに早く別れの日が来るなんて

ヘンプティーを持った女性

最近、何回か話題にしていたニューロガン社のヘンプティー。

やはり別れの日は突然やってきました。

出会ったばかりなのに…

アメリカ製のヘンプオイル入りグミの販売が突然終了したのは、アメリカでCBD食品の販売が禁止されたのが原因だと思われます。

禁止された理由は、 しばらく前にCBDが薬品として認可されたことにあります。結果として野放し状態だったCBD入り食品が規制を受けることになったとのこと。

そして1919年10月1日からCBD食品の販売に罰則が適用されることになります

そうなると、ニューロガン社のヘンプティーはどうなるのか?

今朝、Amazonで調べたニューロガン社に電話で問い合わせてみました。

電話はアメリカのサポートデスクに繋がったようで、こちらが日本語で話し始めると、一瞬戸惑った感じがありましたが、綺麗な日本語で応対してくれました。

日本から電話があるとは思っていなかったようで、頭の中で英語を日本に切り替えるのに数秒を要したのでしょう。

「もしもし、ヘンプティーのことでお聞きしたいのですが.. このお茶はこれからもAmazonで継続して購入することは可能ですか?」

「あ、あの申し訳ありませんが、ニューロガン社は日本から撤退することになりました」

「は.. そうですか。今Amazonで販売されているものは購入することはできますか?」

「はい、ご購入いただけます」

「わかりました。ありがとうございます」

やはり。そしてがっかり。

急いでAmazonで調べると、まだ販売されています。急いで 7個購入手続きをしました。しばらく考えてさらに 3個追加。ここまでで十分でしょう。

グミにしてもヘンプティーにしても、おそらくそうだろうと私が勝手に想像しているだけで、販売終了の理由を確認したわけではありません。

しかし結果として悪い予想が当たってしまいました。でも気がついてよかった。銀行に行って貯金を下さなければ。

ヘンプティーのストックは、1日1袋飲んだとして約10ヶ月分。その間に販売が再開されることを祈っています。

さよならヘンプティー … また会う日まで。

…………………  ヘンプティーの販売は終了しています。…………………

hemp touch迷った時の最高品質フルスペクトラムCBDオイル

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は cbd-p-6-1.jpg です

hemp touch は、スロベニアの大自然で育まれた、完全オーガニックのフルスペクトラムCBDオイル。

今日まで世界で多くの賞を受賞しています。

世界一基準が厳しいといわれている欧州の有機農業。

hemp touch が管理する土壌で栽培される産業用大麻は、遺伝子組み換え技術はもちろんのこと、農薬や化学肥料を一切使っていません。

hemp touchのCBDオイルは、その高品質な産業用大麻の茎、及び種子から抽出された、カンナビジオール / CBD のみを使用しています。

新規購入に限り980円


CBDグミ情報専門チャンネル|明日のヘンプグミ