麻の一滴CBDの効果と感想|90歳の母のために

麻の一滴CBDの効果と感想

90歳の母と二人暮らし

私は現在、90歳の母と二人暮らし。

母は、90歳の割には元気で頭もボケてはいません。しかし、物忘れや、体力、気力の衰えは、なんとなく加速しているようで、気が気ではありません。

病気ではないので、どうしようもないのですが。

いつまでも元気でいて欲しいですし、また、そうでなければ実際困るので、息子としてできる限り母の健康には気を使ってるつもりです。

健康維持のために、ビタミンCとBなどのサプリ、亜麻仁油などを買ってきて、キッチンのテーブルの上に並べてあります。

ですが、私が母に一番飲ませたいのはCBDオイルです。

CBDオイルは有効だが苦すぎた

過去に一度、CBDオイルに挑戦したのですが、無理でした。一度口に入れただけで、もう二度と飲まないと宣言されました。

確かに考えてみれば、あの苦まずさは強烈で、90歳には酷です。

いくら健康に良いからといって、毎日、あの苦い液体を無理に飲ませるのが、親孝行とも思えません。

CBDオイルでも、フレーバー入りの飲み易い製品もありますが、CBDの濃度が低くその上高価で、選択肢には入りませんでした。

何かないかと、ずっと探していて、『麻の一滴CBD』に出会いました。このカプセルだったら、今飲んでいる薬と一緒に飲めそうです。

しかし、自分ならともかく、母に飲ませるのですから、よく検討する必要があります。

まず、問題になるのは、安全性とCBDの含有量、価格、効果、飲みやすさ。さらに毎日無理なく続けられることも、大切な条件です。

私はCBDオイルにはちょっとうるさいのです。

『麻の一滴CBD』の安全性

何より安全性が最も重要です。この製品は、原料は輸入していますが、日本国内で製造されている製品です。そもそも日本では、原料になる麻の栽培自体が許可されていません。

実CBDオイルを抽出する麻と、法律で禁止されている大麻は、もともと同じ植物です。

麻の主な有効成分には、THC-テトラヒドロカンナビノールと、CBD-カンナビジオールがあります。

一般的に大麻の作用として知られる成分はTHCで、大麻の花穂や葉から抽出され、幻覚作用や多幸感をもたらす精神活性作用があります。

THCは日本の法律で禁止された成分です。

それに対して、麻-ヘンプは、繊維用や食用の大麻草の茎と種の部分を指し、CBD-カンナビジオールが含まれています。

CBDがTHCと大きく違うのは、CBDは非精神活性成分であり、THCの精神作用を打ち消す働きもあります。

『麻の一滴CBD』の原料は、日本の法律に基づき、成熟したヘンプの茎と種から抽出したものが使われています。

ヘンプは、THCに対して厳しい規制があるヨーロッパで、品種改良を重ねたことにより、もともと、ごく微量のTHCしか含まれていません。

さらに原料は、輸入の時点で、THCに対する厳しい検査を通過しており、麻の一滴CBDは、製品に関しても社内と社外、2重の検査で合格しています。

また、製造は国内規格である、GMP認定を受けた工場で製造されています。なんといっても Made in Japan の安心感は大きな魅力です。

カプセル1個に高濃度10mgのCBDを含有

次に重要なのは、CBDの含有量です。CBDは、摂取量が少ないとほとんど効果を感じることができません。プラセボ程度です。

『麻の一滴CBD』は一袋30カプセル入りで、CBDが300mg。カプセル一個に10mgのCBDが含まれています。

『麻の一滴CBD』と同等のCBDを300mg含有する製品には、濃度3%のCBDオイルがあります。

濃度3%のCBDオイルで、1日10mgのCBDを摂取するには、1日に13滴摂取する必要があります。10mlのボトル1本で『麻の一滴CBD』と同じ、約30日分です。

CBDの歴史が長い、アメリカのCBD関連のサイトでは、1日の摂取量は10mgから始めることを推奨しています。

アメリカ製のグミで1粒にCBDが15mg含まれているものがありますが、私はそれを1個食べただけで、椅子に座ったまま眠ってしまった経験があります。

ですから、一粒10mgのCBDは、十分な量だと思います。

CBD製品としてはお買い得

価格は、通常一袋 9,480円。

リピトクコースという4回縛りのコースに申し込むと、一袋 7,980円。
さらに初回は、8,980円引きの 500円という料金設定。
4回の合計は、24,440円。一袋が 6,110円になります。

ヨーロッパ製の、濃度3%のCBDオイルは『麻の一滴CBD』と同等のCBDを300mgを含有します。価格は送料別で6,480円。ボトル1本が約30日分になります。

ですから『麻の一滴CBD』の1粒10mgで30日分、6,110円はお買い得といえるでしょう。さらに安心の日本製です。

もし、体に合わなくても、20日間の返金保障がついています。

4か月の縛りに関しては、CBDの効果で最も注目されている、エンドカンナビノイドシステムの改善効果を得るには、継続使用が必要条件になります。

恒常性・ホメオスタシスの再構築には、ある程度の時間を要するためです。

ですから、4回縛りはある意味、CBDが体に蓄積され、本来の効果を発揮するのに必要な期間ともいえます。

『麻の一滴CBD』に期待できる効果

『麻の一滴CBD』に含まれるCBDは、麻=ヘンプから抽出された成分です。

麻には、カンナビノイドが100種類以上含まれており、中でもCBD /カンナビジオールの疾病に対する有効性は、2017年のWHOの研究報告でも確認されています。

中でも注目されているのが、 CBDのホメオスタシスに対する関与です。

体内の、ホメオスタシスを維持するために、備わっている身体調節機能に、エンド・カンナビノイド・システムがあります。

エンド・カンナビノイド・システムは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。

強いストレスや、加齢に伴う老化によって、そのエンド・カンナビノイド・システムの働きが弱まると、体内のカンナビノイドが欠乏して、様々な病気を引き起ことが分かってます。

CBD / カンナビジオールは、体内にあるカンナビノイド受容体と結合して、弱ったエンド・カンナビノイド・システムを改善する効果が明らかになっています。

さらに、臨床実験などにより、老化防止や認知症に対する有効性にも期待が持たれていいます。CBDは、いま最も期待されている成分なのです。

『麻の一滴CBD』の飲み方

飲み方としては、1日の終わり、夕食後のリラックスタイムに飲むと、より効果的だと思います。毎日一粒を継続することが大切です。

また、必要な時、ストレスを感じた時や、気分を鎮めたい時など、頓服としての使用もできます。2粒 飲めば、十分に希望する効果を得られと思います。

母の場合は、一粒で十分でしょう。階段から落ちたりすると困るので。

普通の大人であれば、摂取量の上限を気にする必要はありません。

海外の研究では、1日1,200mgのCBDを継続摂取しても、耐性が生じることはなく、安全性にも問題がないことが確認されています。

ただ、飲みやすいので、やたらに飲んだら、すぐになくなりますが。

毎日一粒で睡眠導入剤が不要に

CBDを臨床実験などで使用する場合は、体重によって摂取量を変えるのが普通です。ですから痩せている母には、一粒10mgは、十二分な量です。

飲み始めて、まだ2週間ですが、しっかりと効果は出ているようです。

以前から時々、昨晩は眠れなかったと言うことがあります。チェックしてみると、薬がベッドの下に落ちていたり、枕の下に転がっていたり。

今までは、睡眠導入剤を飲まないと眠りが浅く、夜中に何度も起きてはトイレに行ったりしていました。

ところが数日前、「昨日の晩、薬を飲むのを忘れた」と言っていたので、「それじゃあ眠れなかったね」と聞くと、「眠れたよ」と。

これは、効いてますね。


もう一つ、CBDは、アルコールとの相性が良く、また、二日酔いに効果があることも分かっています。

麻の一滴CBD