cbdオイルは不眠症に効果があるか

CBDオイルが持つ苦みの効能|苦みは複雑な味覚

緑の森に生えている真赤な毒キノコ

苦味だけが持つ独自の効能

天然の毒は例外なく苦い味がする

天然の毒は、ほぼ例外なく苦い味がするそうです

人の舌にはには、甘み酸味塩味苦味うま味、を感じる受容体があります。味覚です。

本来、それらの味覚は安全な食物を得るために必要な機能でした特に苦みは、毒のある食物を選別するための、生存に不可欠な味覚でした

ですから、苦みは他の味覚と違い、不快であり、嫌悪感を覚えます。苦味の強い食物は、本能的に体が飲み込むことを拒否します。

苦みは毒を識別するための生存に不可欠な味覚

特に、小さな子供や動物は苦味には強い反応を示し、強い苦味を感じると反射的に吐き出します。これは体に備わった毒に対する防御反応です

しかし、進化と共に一部の苦味は他の感覚と結び付き、好んで受け入れられるようになります。コーヒーやお茶などは嗜好品として好まれるようになりました。

ただ、苦味は基本的には忌避される感覚で、嗜好品としてもその種類は限られています。コーヒー、緑茶、ゴーヤ、カカオ、ホップなど。

これらに共通しているのは植物由来という点です

苦みは他の味覚にない複雑な機能を持っている

自然界の植物に含まれる苦みの種類は数多く、その作用も複雑です。ですから苦みは、他の味覚とは異なる複雑な機能を持っています

甘みや旨みの構造は単純であるため、対する受容体も2、3種類ほどです。しかし、苦味を感じる受容体は26種類あることがわかっています

人は長い時間をかけ、膨大な数の苦み成分を受容するように進化してきました。そして体験を通じて、苦みに対する知識も蓄えてきました。

健胃薬に薬効はなく苦みが胃に直接作用する

昔から、苦みの効能として胃を刺激して胃酸を出す効果が知られています

この苦みに対する胃の反応が、消化を助けるためなのか、胃酸によって毒を消すためななのかは分かっていません

その効果を利用するために、今でも健胃薬には生薬が使われています。ただ、その生薬の効果は苦みによるもので、生薬自体に薬効はありません

苦味そのものが胃に作用しているのです。人は経験から毒のない苦みを探し出し、その苦みを利用して胃を整えてきました。

苦みに対する知識は長い時間をかけて蓄えられた

我々は科学技術が発達する遥か以前から、毒のある植物、食べられない植物を知っていました

長い時間をかけて蓄えられた情報は、現代まで伝えられ、物心ついた時にまず、食べてはいけない植物があることを、親から教わります。

漢方医薬が伝わる以前から、有用な植物は日常的に利用されてきました。本やインターネットがなくても、大切な知識は継承されているのです。

ですから、私たちは、体を張って毒のある植物を選別し、その知識を伝えてくれた祖先たちに、心から感謝しなければなりません。

CBDオイルは奥が深い

そこでCBDオイルの苦みを思い出します

CBDオイルの苦みは次元が違います。おそらく何も知らずに口にしたら絶対に吐き出すでしょう。予備知識がなければ受け入れがたい不味さです

身近にある苦味を持つ食品がいかに厳選されたものであるかが、改めて理解できます。

健胃薬など足元にも及ばないその苦みに対して、胃が無反応とは考えられません。苦みで胃酸が出るのならCBDオイルで出ないはずがありません

おそらく、CBDオイルは、生薬としての健胃薬的な働きも合わせ持っているはずです。何しろ苦みだったら本当に何ものにも負けませんから。

そしてその受け入れがたい不味さの中に、未知の薬効が含まれているのかもしれません

CBDオイルは、知れば知るほど奥が深いですね。


美味しいCBD製品もありますよ。

アメリカ製ヘンプオイル入りグミsサイズの写真 CBD グミの効果|アメリカ製ヘンプオイル入りグミ試食レビュー ニューロガン社のヘンプティーのパッケージとカップを持った女性 ニューロガン社 ヘンプティー|試飲レビュー
複数の人の意見を聞いている男性 CBDオイルの選び方