CBDオイルを舌下に垂らす時は鏡を見ながら

最初は鏡を見ながら

スポイトから垂れる一滴はほんの僅か、0.03ml。舌下は唾液のためか、オイルの一滴を正確に感じ取れません。

特に体温と同じくらいの温度になっていると、全く何も感じません。気がついたらスポイトがカラになっていたりします。

鏡を見ながら、一滴ずつ垂らすことおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です