cbdオイルは不眠症に効果があるか

家飲みカクテルレシピ|道具を揃えよう

カクテル作りに必要な道具

家でカクテルを作ろうと思い立った時、さて何を揃えたらいいのかと迷います。

カクテルを作るのに、それほど大したものは使いません。

必要な道具といっても家で使うのでしたら、シェーカーとメジャーカップ、バースプーン。あとはカクテルピンぐらいあれば十分です。

プロのバーテンダーがカクテルを作る場合でも、家でカクテルを作る場合でも、必要な道具は基本的に同じです。

技法によって、プロは色々な道具を使い分けますが、家では必要ありません。

使うのは、シェーカーとメジャーカップ、カクテルピン。

シェーカーは基本の道具です。いろいろありますが中国製は格好だけですぐダメになります。シェーカーだけは日本製にしてください

私のは20年以上使っていますが、経年劣化は全くありません。ステンレスの品質と製造技術、精度では絶対に Made in japan です。

金属製のメジャーカップは、プロっぽいのですが、あまり使っていません。一番使いやすいのがプラスチックの計量カップ。

以前は百均の同じような形のものを使っていましたが、最近 Amazonで400円で購入した少し大きめのメジャーカップは、使い勝手の良い優れものでした。

1ml から目盛りがついていて見やすく正確に測れるので、今はこれしか使っていません。どんな色のリキュールを入れても見やすく便利です。

それと、あると便利なバースプーン。中間部のねじりの必要性は使ってみるとわかります。

道具は、これだけ。

そして、重要なのがカクテルを入れるグラスです。器で料理の味が変わるように、グラスもカクテルの味を左右します。

視覚と味覚はリンクしているようです。

カクテルグラスはそんなに高いものは必要ないと思います。何より口の部分が薄いので倒すと必ず割れます。

高価なものを割ると本当にがっかりしますから。

カクテルグラスの格好をしていれば十分雰囲気は出ると思います。

道具も、代用しようと思えば、代わりになるものはいろいろあります。シェーカーは蓋つきの細長いタッパー、メジャーカップはキッチンの計量カップ、バースプーンでなくても割り箸でかき回せますし。

カクテルグラスの代わりに湯呑み茶碗で飲むこともできます。

しかし、どんなに素晴らしい料理でも、紙皿に盛って畳に置いて食べたら、味わう気にもなりません。

茶道に作法があるように、フランス料理にマナーがあるように、寿司の食べ方にもしきたりがあるように、カクテルにもおそらく飲み方があります。

道具を揃えましょう。でも一度に揃える必要はありません。1個ずつ増やしていくのも楽しみの一つです。

どうせなら日本製です。一生使えますよ。