今日も眠れない?

CBDオイルの副作用とその症状|効果か副作用かは状況次第

椅子に座って雲の上に足を乗せてくつろご男性

CBDオイルの副作用

CBDオイルにも副作用はある

CBDは、世界保健機構(WHO)が安全性を認めていて、副作用は少ないとされています。

それでも限定的ではありますが、副作用は報告されています。

どんな副作用なのか?

CBDを摂取する場合、最も気になるところです。

その副作用について、海外の研究での事例がいくつか挙げられています。

CBDの副作用|海外での事例

cbdオイルのボトルの周りを時計の文字盤のように囲んだ効能書

少数ではありますが臨床実験で、眠気、口の渇き、抗凝結作用、血圧の低下、 目眩、下痢、食欲の変化などを訴える被験者がいるというものです。

これらの副作用は、CBDを通常一定量以上摂取した場合がほとんどで、過剰摂取しなければ全く問題のないレベルです。

また過去に重篤な副作用は確認されていません。

臨床実験で摂取される1日のCBDは100mg単位なので、一般的な10mg〜30mg程度の摂取量は全く心配する必要はないと思われます。

CBDの副作用は眠気と血圧の低下

パブのテーブルに寄り掛かって眠る男性

私も何年間かCBDを摂取していますが、副作用として気になったのは『眠気』と『血圧の低下』そして『下痢』です。

副作用の一つに血圧の低下があります。私の場合その原因は飲酒後の摂取と体質的な低血圧です。


もともと低血圧で平均で100mmHg / 最低血圧 70mmHg ほどです。ですから何もしなくても、夏や飲酒時はさらに血圧が下がり、最高血圧が90mmHg以下になることも珍しくありません。

ですから、夏の飲酒後にCBDを摂取すると、一時的ですが、にさらに血圧が下がってクラクラと目眩のようなな感覚を覚えることがあります

ただこれは、気分が悪くなるのとは違って、吐き気がするわけでもなく、30分位で薄らぎ、いつの間にか忘れてしまいます。

それでも気分の良いものでないことも確かです


それを承知でCBDオイルを飲むのは、深酒による二日酔いの防止と、アルコールの作用で昂ぶった神経を鎮める効果が期待できるからです。

飲酒後は、副作用が強く出るために睡眠薬の服用を避けていたので、ほとんど朝まで眠れないこともありました。

これが、飲酒後にCBDを摂取すると普通に眠れるのです。


二日酔いの防止と安眠。

血圧低下の副作用を差し引いても、飲酒時にCBDオイルを摂取する意味はあると思っています。


効能か副作用かは状況次第

三角の石の上に乗って微妙なバランスをとっている二つの石

眠気も副作用と言える場合があります。

これは不眠症の改善が目的で飲み始めた私にとっては、効能といえる症状なので、本来でしたら副作用とはいえません。

ただ、気になるのは昼間です。時々ですが寝不足でもないのに昼間眠くなります。

この眠気は精神安定剤や睡眠薬の副作用のような、ボケーッとした眠気ではなく、何というか、健康的な眠気のように感じはしますが、どちらにしても理由もなく眠くなります。

さらに、CBDオイルをある程度摂取すると脱力しすぎる場合があります

思考力が落ちるわけではありませんが、何としても緊張感が保てない感じになります。

ある程度集中力はあるのですが、脱力し切ってしまうという感じです。

副作用は限定的で効果の方が遥かに大きい

野外の緑の植物に囲まれたベッドで眠る女性

副作用として一番気になるのは下痢です

CBDの摂取が一定量を超えると、殆どといっていいくらい下痢になります。

一定量というのは、私の場合50mgほどです。

CBDオイルだけ飲んでいた時はあり得なかったのですが、CBD食品を摂り始めてからは、何度の経験しています。

含有量の多いヘンプグミには、一個に15mgのCBDが含まれており、3個食べるとそれだけで45mgになってしまします。

手軽で、食べやすいのでつい食べ過ぎてしまうことがあり、それを忘れてCBDオイルを飲んだりすると下痢になります。

これは私の体質によるものも大きいと思われます。

遊びに来た友人が勝手に5個食べましたが、特別どうということはありませんでした。CBDに対する感受性の違いかもしれません。


ただ、普通に摂取する限り、CBDの副作用は限定的で、心身や生活に対してはプラスの効果の方がはるかに大きく、個人的には問題は感じません。

それでも、低血圧で普段から目眩やふらつきがある方や、仕事で運転する機会が多い方は注意した方がいいでしょう。


⭐️ hemp touch世界で多くの賞を受賞しています。


満月をバックに立ち並ぶビルの窓明かり2 CBDグミ情報専門チャンネルを開設しました